わが国は、過去2回のオイルショックを踏まえ、積極的に代替エネルギーの導入促進を図ってまいりました。
 その中で、天然ガスは、石油に替わる代替エネルギーの柱として位置付けられました。
 また、天然ガスは、炭酸ガスの発生量が少ないエネルギーであり、地球規模での環境問題に有効であることも相まって、現在その利用範囲は益々拡大の一途をたどっています。